ヤクルト乳酸菌シロタ株と、ミルミルB.ブレーベ・ヤクルト株の違い

ヤクルトの2大看板いえば、ヤクルト400と
 
 
ヤクルト400
 
ミルミルです。
   ミルミル
 
それぞれ入っている乳酸菌が異なります。ヤクルト400はシロタ株で、ミルミルに入っているがB.ブレーベ・ヤクルト株です。
 
シロタ株、B.ブレーべ.ヤクルト株、2つとも整腸作用のある乳酸菌ですが、1番大きな違いは、菌が有効に働く場所が違います。
 
乳酸菌シロタ株は主に、栄養分の消化と吸収をおこなう小腸で働きます。B.ブレーベ・ヤクルト株は主に、大腸で働きます。
 
ヤクルトに入っている乳酸菌シロタ株と、ミルミルに入っているB.ブレーベ・ヤクルト株は、どちらも生きたまま腸に届く事ができて、お通じが良くなる効果があります。また、有害菌の抑制など、おなかの健康を守ります。
 
では、どちらを飲めばよいか??。調べれば調べるほど、分からなくなりました。
 
この回答は、ヤクルト公式サイトに書いてありました。
 
スポンサードリンク

 
2つの菌は働く場所が違うので、ヤクルト400とミルミルは両方飲めば効果的とのことです(笑)。
 
 
 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ