痛風予防に最適なヨーグルト

PA-3乳酸菌

痛風の原因であるプリン体、および尿酸値を下げる効果がある乳酸菌が入ったヨーグルトを明治ヨーグルトから発売されました。

明治プロビオヨーグルトPA-3

このPA-3というのは、明治が保有する数千種類の乳酸菌ライブラリーの中から、プリン体にだけ着目して、選び抜いた乳酸菌です。このPA-3のヨーグルトは、プリン体吸収と、尿酸値をさげる効果があります。詳しい商品解説は、当サイトの記事明治プロビオヨーグルトPA-3をご覧ください。

原因のプリン体と尿酸

 

痛風になった患者さんが一番気にするのはプリン体と尿酸値ですよね。

痛風

そもそも、プリン体は、人間の細胞の中の核酸などに含まれる成分で、細胞が生まれ変わる新陳代謝の際に使われます。プリン体自体は、人間が生きていく上で欠かせないものなのです。このプリン体が、身体の中で、消化吸収される過程で生成されるのが尿酸です。

 

尿酸は、腎臓でろ過されますが、尿酸は老廃物であるにもかかわらず、体内で再吸収されます。腎臓にたどり着いた尿酸のうち、最終的に排出されるのはわずか10%程度にすぎません。つまり、残りの90%は身体の中に戻っていきます。

プリン体

尿酸を処理出来なくなってしまうのと痛風になりますが、一般的に尿酸を処理する限界量は7mg/dLとされます。この数値を超えると、痛風発作の可能性が高まります。注意が必要です。

そういう方にこそ、プリン体吸収と、尿酸値をさげる効果があるPA-3乳酸菌が入った明治プロビオヨーグルトPA-3がおすすめです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ